« 李下に冠をたださず | トップページ | 小沢幹事長問題 疑わしきは説明せよ! »

2010年1月25日 (月)

時刻表検定試験

私は、名前も「鉄夫」ですが、いわゆる「鉄ちゃん」です。

その中でも、時刻表を見るのが好きなので、そちらに分類されるかも知れません。
本当は、のんびり車窓を見ながら乗ること自体が好きなんですが、現実は忙しくて各地の列車・電車になかなか乗れません。そこで、時刻表を見ることで、乗った気分になって楽しんでいるという時刻表派です。それでもやはり、しばらく乗る機会に恵まれないと身体が満足しないので、その時は地下鉄や近郊電車(特に相互乗り入れしている電車などは特に興味深いです)などに乗って気分を紛らわせている昨今です。

時刻表の楽しみは、あの数字と記号の羅列から無限に空想が広がり、目の前に色々な場面が登場してくることです。田舎の中規模の駅で2両編成の各駅停車を待避ホームに置いて通過していく特急の姿や、その時のポイント通過の揺れ、その先にある青空に浮かぶ雲などなど・・・。

さて、皆さんは時刻表検定協会というのがあるのをご存知でしょうか? 時刻表検定試験というのをやっていた協会です。
「やっていた」と過去形なのは、2009年度試験をもって終了したからです。本当に残念でなりません。実は私、この時刻表検定試験を受けたことがあります。この試験は第1種(上級)と第2種があり、「博士」ならびに「1~5級」までを認定してくれます。私は両方を受け、2種ともに200点満点中111点で5級に認定していただきました。第1種であと9点を上乗せでき120点をクリアすれば2級になれたのにと、ちょっと地団駄を踏んだことも良き思い出となっています。

この試験が、私が受験した2009年度限りで取りやめになったと聞き、本当に残念でなりません。
現在5級の私がより上級にチャレンジするチャンスがなくなったこともその理由のひとつですが、何といってもこのユニークな検定制度の存在そのものが、「鉄ちゃん」という存在アピールになっていたと思うからなのです。
私が試験を受けた広島会場でも受験生が思ったより少なく、「これでは運営が大変だろうな~」と感じたものです。時刻表派は「鉄ちゃん」の中でも比較的地味に見られているのかも知れませんが、私のよすがを守るためにも、検定制度復興をひそかに望んでいる昨今です。

« 李下に冠をたださず | トップページ | 小沢幹事長問題 疑わしきは説明せよ! »

鉄ちゃん」カテゴリの記事

コメント

以前から斉藤先生が 「鉄ちゃん」 とは聞いていましたが、今回のブログを拝見し時刻表好きという共通の趣味があることがわかり大変うれしいです。

実は先週末より伊吹青森県代表と2人で私どもの得意先である中津川の無農薬野菜や焼酎の製造と地域の活性やアルゼンチンとの提携で食糧確保と取り組んでおられる会社と、富山市でガラス工芸を営む私の後輩の工房、ギャラリーを訪問して富山市の 「ガラスの町 富山、箱より人づくり」 職人育成の取り組みと彼のギャラリー含む廻船問屋の町並み保存、富山ライトレールなどを視察し勉強してきました。

もちろん東京から名古屋に来る伊吹氏にはN700系グリーン車、私はラストランの500系グリーン車。
中津川へのワイドビューしなのや高山線経由で富山へはワイドビューひだ、帰りは小松から空路で青森に帰る伊吹氏と別れてからは旧型のスーパー雷鳥、 それぞれパノラマグリーン車の最前列に乗りました。

私は飛行機があまり好きではない (JALさんゴメン) ので、北海道や九州へも時間が許す限りJRを使います。最近残念なことは、夜行列車や新幹線開通に伴う在来線の特急急行などの廃止が多いことです。 私が子供のころ 「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」 とか言っていたのがなんだか懐かしいです。 私が現在利用する夜行列車はサンライズぐらいかな? ちなみに月曜の朝、東京に着
くサンライズはまるで国会議員の通勤列車のようですよ(笑) 利用客が減っての廃止でしょうが、逆に個室寝台などのように設備を豪華にすれば利用客が増えるような気もしますが・・・・。 先生も東京と広島への移動はA寝台個室があれば嬉しいですよね? 
新幹線も延長すれば私たちファンだけでなく、地元の住民も不便になります。 長崎などはたった20分程度の短縮のために莫大なお金を使い、在来線は三セク、そして廃止の道をたどらないか心配です。
白いかもめで大丈夫ですよね。

斉藤先生とは海洋エネルギーだけでなく 「鉄談義」 もしたいですね。 いや、ご多忙なので私などは「お目通りかなわぬ身」 ですね(泣) 今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314915/33117338

この記事へのトラックバック一覧です: 時刻表検定試験:

« 李下に冠をたださず | トップページ | 小沢幹事長問題 疑わしきは説明せよ! »