« ネット選挙に賛成します。 | トップページ | 時刻表検定試験 »

2010年1月15日 (金)

李下に冠をたださず

昨日はびっくりしました。
小沢事務所や石川議員の事務所、さらにはゼネコンの総本山と言われた鹿島にも家宅捜査が入りました。
あまりの急展開に、本当にびっくりしました。議員会館に夜半に戻ったらマスコミのカメラや記者さんが入り口にびっしりでした。
私は、国民の皆さんからいただいた税金の使い方の優先順位を議論する政治家にとって、お金の使い方には慎重である上にも慎重でなければなりませんし、後ろ指を指されることのないよう李下に冠をただすことを慎むほどに真摯に取り組むべきことと思います。
まして、そのお金の入手が政治家という立場を利用した口利きであったり、また、口利きという直裁な取りなしが無いにして、あたかも影響力を臭わせての政治資金の集約自体がさもしい行為だと思います。それは、解党時に国庫に返納すべき政党助成金を小沢さん個人の政治団体に寄付する行為と同様に税金を蝕むことですし、国民の生活が第一と主張して選挙に望んだ政治家としてあるべき姿ではありません。
小沢さんや石川さん、またテレビに出ている数々の小沢さんの元秘書である議員各位は、自ら説明責任を果たすべく、積極的に露出して真相を語るべきです。
それができないのであれば、私は国会の場で真相を明らかになるよう論戦を展開するつもりです。
そうでなければ、政治不信に拍車をかけてしまいかねません。ただ、党利党略・個利個略の立場ではなく、一有権者の視点で政治不信を解消する視点で取り組む心構えが大事だとも思っています。

« ネット選挙に賛成します。 | トップページ | 時刻表検定試験 »

日記」カテゴリの記事

コメント

大島さん
コメントありがとうございます。コメントの「公開」の方法がやっとわかりました。
ご丁寧なコメントをいただいたうえに、ご激励の言葉までいただいて汗顔の至りです。実は最近政治的にあんまりほめられたことがないもんですから、本当にうれしかったです。

党内的には「野党なんだから反対すべし」と言う声も多かったです。私もそのように考えたときもありました。
また、基本的には第二次補正予算を出すのであれば、第一次補正予選の執行停止を解除するのが先だとも思います。その分、需給ギャップを拡大させ、鳩山不況と言われているのですから・・・。また、財源がいまだに不明確だったり、未提出法案のための予算だったり、小さすぎたり遅すぎたりと、不満は山のようにあります。
しかし、何より早く通すこと、早く予算を執行することが大切だと思っています。選挙に負けた私たちには、忸怩たる思いもありますが、政党所属の国会議員の前に各地域の有権者の方から支持をいただいて議員となっているのですから、政党目線の前に国民の目線で思考すべきと考えたものです。
今後も、国民の目線が我々の政党目線になるよう、がんばります。

今日、斎藤先生、失礼いたします。
私は30代の男で支持政党は持っておりません。

ただ、前回の選挙では本当に自民党が大嫌いになり、民主党に投票いたしました。
ところが、今回の一連の小沢氏らの金の問題で何を信じていいか分からなくなりました。自民党も民主党も官僚も国益を失い、私腹を肥やして、泥棒に毛が生えたようなもんだと絶望しておりました。
こんなことなら、米国の一州であったほうが良かったとさえ思ってました。
しかし、本日 斎藤先生が、20第2次補正予算案への対応について、国会内で記者団に「景気状況が非常に深刻だ。賛成するべきだと思っている」というニュースを見て、感動いたしました。
公明党には宗教の息がかかった政党という見方をしてましたが、見なおしました!!「まともな政治家はまだいるんだ」と驚きました。
超党派で予算を早く通して国民の生活を守ってください。
斎藤先生、頑張ってください!!

昨日、盛大に県本部の新年賀詞会が行われ、山口代表に海洋エネルキーについてお願いしてきました。
帰りの車内で「小沢疑惑」の関係者の逮捕を知りました。 以前、知人筋の地検関係者が昨年小沢に記者会見で「国策捜査」と言われたことでこの捜査にプライドをかけていると聞きました。 
政治と金、いつまで続くのだろう、なぜだろう。
やはり献金が悪いのでは? 個人や企業が政治家に陳情する。
その見返りに献金する。 この世の中純粋に頑張って下さいと献金することは少ないのではないでしょうか。 政治家も支持者の負託にこたえるためには活動や選挙で金がいる。権力に金が群がる。
この連鎖、なんとかならないものでしょうか。
まず議員定数を減らし、その代り政党助成金や議員歳費を倍増する。
そして一切の献金を禁止する。 違反した議員は厳罰(たとえば公民権停止など) 
これぐらいしないと「真のクリーンな政治家」 は生まれないような気がします。
今までも汚職の黒幕に手が届きそうになっても直前で誰かが自殺、逮捕、
これで幕引きになってしまった事件が多いです。
あるいは今回も自殺から守るための逮捕だったのかも知れない。
いずれにせよ兵隊は親分に尽くして最後には
 「士は己を知る者のために死す」
政界大清掃をお願いしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314915/32991047

この記事へのトラックバック一覧です: 李下に冠をたださず:

» 小沢氏本人の関与強まる [自由に話そう!]
徹底して追及してもらいたいですな! Excite エキサイト : 社会ニュース 2010年1月15日 07時50分 小沢氏、融資返済に立ち会い 本人関与強まる  小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で、04年10月の購入直後に陸山会が金融機関から融資を受けた4億円のうち2億円の返済手続きに小沢氏本人が立ち会っていたことが15日、分かった。金融機関との交渉は元私設秘書の石川知裕衆院議員が担当。東京地検特捜部は石川氏が4億円の融資を土地購入の原資に装ったとみてお... [続きを読む]

« ネット選挙に賛成します。 | トップページ | 時刻表検定試験 »