コンタクト

1行紹介

公明党 衆議院議員

自己紹介文

■島根出身の広島在住です
島根県邑南町(旧羽須美村)出身です。選挙区は中国比例ブロック(広島・山口・岡山・鳥取・島根)で、自宅は広島市です。広島に帰ったら市内のどこかで街頭演説をしています。

■過去に宇宙ホテルの研究
国会議員になる前は建設会社に勤務し、宇宙にホテルを建設する研究等をしていました。東京工業大学大学院出身で、工学博士・技術士の資格を取得しました。

■環境大臣させて頂きました
平成5年に初当選をさせて頂き現在6期目の議席を頂いております。科学技術総括政務次官、文部科学委員長、党政調会長を歴任し、平成20年福田、麻生内閣で環境大臣をさせて頂きました

■180回を超える国会発言
初当選以来、質問等の国会での公式発言は180回を数え、科学技術振興基本法、文化芸術振興基本法など数々の法律制定に取り組んできました。科学技術立国、文化芸術立国、教育立国を目指します。


■ 生年月日
昭和27年2月5日
■出身地
島根県邑智郡邑南町(旧 羽須美村)
■経 歴
昭和39年 3月 羽須美村立阿須那小学校卒業
昭和42年 3月 広島市立国泰寺中学校卒業
昭和45年 3月 修道高等学校卒業
昭和49年 3月 東京工業大学理学部応用物理学科卒業
昭和51年 3月 東京工業大学大学院理工学研究科応用物理学専攻修士課程終了
昭和51年 4月 清水建設株式会社入社
昭和59年 1月 技術士(応用理学部門)取得
昭和60年 2月 東京工業大学より工学博士の学位取得
昭和61年 8月 米国プリンストン大学客員研究員(3年間)
平成 5年 7月 衆議院議員初当選(旧広島1区)
平成 8年10月 衆議院議員2期目当選(中国比例区)
平成11年10月 科学技術総括政務次官就任(第二次小渕内閣・第一次森内閣)
平成12年 6月 衆議院議員3期目当選(中国比例区)
平成15年11月 衆議院議員4期目当選(中国比例区)
平成16年10月 衆議院文部科学常任委員長就任
平成17年 9月 衆議院議員5期目当選(中国比例区)
平成17年 9月 衆議院文部科学常任委員長再任
平成18年 9月 公明党政務調査会長就任
平成20年 8月 環境大臣に就任(福田改造内閣)
平成20年 9月 環境大臣に留任(麻生内閣)
平成21年 8月 衆議院議員6期目当選(中国比例区)
平成21年 9月 公明党政務調査会長就任
平成22年10月 公明党幹事長代行就任
平成22年10月現在

興味のあること

スポーツ